民族と金

2005年 11月 11日 ( 1 )

それからまた父は行商を止めて

すてきに好い事を始めた。子供達にも好い仕事が與へられた。それは煉瓦工場の土擔ぎだつた。
「今日はちやあや[#「ちやあや」に傍点](父のこと)の辨當を持つてゆくの私だよ。」
「うゝん今日は俺だ。」
「咋日お前が持つて行つたんぢやないか」
「嘘つけ、おら[#「おら」に傍点]はたゞお前に隨いていつたんだ、今日こさ、俺一人でいぐ!」
 子供は大臣のオフイスにでも行つて見るやうに、父の働いてる工場にいつて見たがつた。
 皆で祖母の作つたお辨當を奪ひあつた後、結局皆でぞろぞろと長い松原を歩いていつた。
 野の中に蛇の目傘を擴げたやうな穹窿形の屋根が三つ、青麥の波の上に泛んでゐる。
 そこは、下野煉瓦製造工場。
 子供等は門の中へ入つてお辨當を置いてくると、急いで出て來て川向ふへ廻つた。
 圓い工場の丘を半分抱いて流れてる川の水は、土を搬んでくる小舟の爲に攪亂されて濁つてゐた。
 開け放たれた窓の奧に、高い天井から斜めに廻轉してる調帶(ベルト)の一部が、長蛇のやうに見えてゐた。そこから間斷なく切り出される大きい羊羮のやうな長方形の土塊は屋外に搬び出されると、手拭を冠つた女達の手に、一箇一箇と莚の上に並べられた。
 甘さうな水分を含んだ、しつとりとしたお菓子が、規帳面に並んだ上を、白い雲の集團が煤色の影を落しながら飛んでゆく。
 炎天下に勞作する男女の群を、子供等は何にも知らずに繪のやうに眺めた。その風景は長閑な異國的な情緒さへ私達に傳へた。
 子供等は土擔ぎの眞ッ黒な人夫の群の中から若い父親を見出すと、小鳥のやうに口をあいて聲を揃えて
「お父つつあん――」
 と一齊に呼ぶのだ。二三度呼ぶと、父は對岸の子供の方をチラッと振り向いて、愛情の籠つたむづがゆいやうな微笑を傾けた。
 百姓から行商人へ、それから勞働者へと境遇の變つていつた父の、工場を背景にして働く姿は、どんなに輝やかしく男性的に子供等の瞳へ映つたろう。だが、その古い印袢天の下に穿いた、汗と垢に汚れた白木綿のズボンが、べたべたと父の下半身に絡みついて、それがおそろしく父の足許を疲勞してゐるやうに見せた。
 私は貧しさに沒してゐる間は、自分の貧しさを知らなかつたが、學齡までといふ生家と里親との約束の期限が來て、とうとう私はこの若い貧しい、然し温い父母の懷中から切斷されてしまつた。それは全く血の滲むやうな苦悶だつた。
「×さん、もうあの貧乏家へはいかないがいゝよ、虱が泳いでゐるよ。」
 誰も口を揃えて貧しい父母を侮蔑した。
 さういはれて見ると實際、私の愛する弟妹達の髮の毛には、粉雪のやうに白い細かい虱が根深く喰ひこんでゐるのが眼に見える。
[PR]
by tribalmoney | 2005-11-11 16:37 | 腐敗